本文へスキップ

岩通ソフトシステム株式会社はソフトウェア開発からサービスまでをトータルで提供するソリューションプロバイダです。

Windows XPサポート終了Windows XP Support End

 マイクロソフトから「2014 年 4 月 9 日 (日本時間) をもちまして、Windows XP、Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが終了いたします。」というアナウンスがされています。このコラムでは、ソフトウェアが専門でない方のために、このアナウンスの意味を説明します。

2014 年 4 月 9 日に何が起きる?

  •  「2014 年 4 月 9 日 (日本時間) をもちまして、Windows XP、Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが終了いたします。」ということは、これらの製品のバグ修正やセキュリティ上の問題を修正する更新プログラムが、この日を境にマイクロソフトから配布されなくなります。
  •  Windows XPは、12年以上前に発売されたOSで、非常に多くのユーザが存在し、成功したOSの一つですが、古いシステムのため、サポートはこれ以上行われません。


そうなるとどうなる?

  •  新しい障害やセキュリティホールが発見されても更新プログラムは新たに配布されませんし、今後、Windows Updateも、これらの製品に対しては無効になります。したがって、ウイルスに感染して、PCの動作がおかしくなったり、データの流出などが起こる可能性があります。 今まで公開されていた更新プログラムも提供されなくなりますので、まだ、すべてのセキュリティ更新プログラムを適用していない場合には、4月9日より前と4月9日(4月9日に更新プログラムが提供される可能性があるので)に適用するようにします。
  •  各種アプリ会社もXP向けの製品のサポートを今後打ち切っていくと考えられます。したがって、アプリの障害が放置されたままになったり、ウイルスに感染して、PCの動作がおかしくなったり、データの流出などが起こる可能性があります。取られて困るようなデータは持っていないという人も中にはいらっしゃいますが、電子メールの宛先なども流出すると困るデータの一つだと思いますので、普段あまり意識していないデータについても確認が必要です。
  •  障害が発見されても修正は行われません。したがって、今後の障害はユーザ自身が回避して行かなければなりませんが、ユーザ自身で、回避できるのでしょうか。まず不可能だと思います。


良く訊かれる質問と回答

 以下では、Windows XPのサポート終了に関して良く訊かれる質問とその回答を記載します。

  • 質問1
    Windows XPは、もう既に十分障害が修正されているので、残っている障害も少ないはずだから、このまま使って大丈夫
  • 回答1
    Windows Vista、7、8などでもXPと同じプログラムを使っている部分があります。ハッカーは、まだサポート期間中であるVista以降のOSのセキュリティ更新プログラムを解析し、無防備になったXPを狙いますので、今後は格好の標的になり、さらにリスクが高まると考えた方が良いと思います。

  • 質問2
     ウイルススキャンを入れているから大丈夫
  • 回答2
    ウイルススキャンがデータにアクセスする前に問題が発生する可能性もありますし、ウイルススキャンがサポート切れのOSの定義ファイルを、今後ずっと提供してくれるのかも保証がありません。

  • 質問3
     ネットワークにつながないから大丈夫
  • 回答3
    USBメモリなどを使用して外部とのデータ入出力を行う時にもウイルスなどの不正なプログラムが入り込むリスクがありますし、今後発見されるOSの障害も、もう修正されません。

  • 質問4
     Windows Updateって、めったにかけたことないけど、今は忙しいので、ゴールデンウイークになったらかけようと思う
  • 回答4
    サポートの終了ということは、Windows Updateのサービスも効かなくなります。したがって、4月9日より前と4月9日(4月9日に更新プログラムが提供される可能性があるので)にすべての該当する更新プログラムを適用する必要があります。

では何をすればよい

Windows XPから、サポートされているOSに移行します。移行プロセスは、一般的には、以下の手順で行うことになります。

  • 移行先のOSを選択

     各OSの延長サポート終了は下記の日程です。

     ● Vista 2017年4月11日
     ● Windows7 2020年1月14日
     ● Windows8 2023年1月10日

     サポート終了時期だけではなく、各OSの特徴や、ご利用になるアプリケーションがインストール対象OSにしているかなどを考慮して選択することになりますが、一般的にはWindows7かWindows8.1への移行になると思われます。

     なお、初代のWindows XPは、256Mバイトのメモリでも動作しましたが、Windows8などの最近のOSは2Gバイトから4Gバイトのメモリがないと軽快には動作しません。したがって、Windows XPを動作させているPCに新しいOSを載せるのではなく、PCも同時に新しいものに移行することをお勧めします。

  • アプリケーションの互換性検証
     現在ご使用のアプリケーションが移行先のOSをサポートしているかを確認し、実機で検証します。移行先のOSをサポートしていない場合には、移行先のOSをサポートしているアプリケーションを導入することになります。
     例えば、メールソフトとしてOutlook Expressを使用していた場合、Windows 7ではOutlook Expressがありませんので、Windows Live Mailなどの他のアプリケーションを使用する必要があります。
  • データの移行確認
     移行先のOS上で動作するアプリケーションが移行元のデータを正しく処理できるかを検証します。
     例えば、メールソフトとしてOutlook Expressを使用していた場合、Windows 7ではOutlook Expressがありませんので、Windows Live Mailなどの他のアプリケーションで過去に受信したメール、アドレス帳などが利用できるかを検証します。
  • その他
    Officeなどのパッケージソフトウェアではなく、Visual Basic6などを利用して開発した独自のアプリケーションの場合には、個別に判断する必要がありますから、開発元などに問い合わせるなどして互換性を確認します。互換がない場合には、マイグレーション(移植作業)が必要となります。

リスクを軽減する暫定的な対策

 XPの置き換えが間に合わない場合には、下記を全て行うことをお勧めしますが、完全ではありませんし、暫定的な対処であるため、リスクは残ります。

  • 全てのセキュリティ更新プログラム(Windows Update)を、サポート終了前に適用する。
    既知の脆弱性にすべて対処するため。
  • セキュリティ製品の定義ファイル延長サービスを適用する。
    もし新種のウイルスなどが侵入しても可能な限り防ぐため。ただしインターネットに接続せずに定義ファイルを更新することが必要。
  • インターネットからの切断
    ウイルスなどの侵入経路を遮断するため
  • USBメモリなどの外部記憶の利用停止
    ウイルスなどの侵入経路を遮断するため

 上記のセキュリティ製品の定義ファイルの更新を、インターネットにも接続せず、USBも使用しないで行うことは、かなり困難であることが分かります。

 上記の対処は、あくまでも暫定的な対処であり、リスクは日々高まりますので、できるだけ早くサポートされた環境に移行する必要があります。
 弊社は、上記の暫定対処の結果を保証いたしません。リスクについては利用者の責任となります。