本文へスキップ

岩通ソフトシステム株式会社はソフトウェア開発からサービスまでをトータルで提供するソリューションプロバイダです。

VB6.0マイグレーションVB6.0 MIGRATION

サービスの説明

 弊社では下記でご紹介するVB6.0マイグレーションサービスをご用意しております。
 VB6.0で開発されたプログラムを今後も使用するための維持、メンテナンスにお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
 VB.NETへのマイグレーションだけではなく、C#、Web化などへのコンバージョンについてもメリット・デメリットなどを説明しています。

Microsoft Visual Basic 6.0の利用環境について

「Visual Basic 6.0」の利用環境は制限されつつあります。

  1. VisualBasicのサポート期間の終了は、言語の問題だけではなくOS側のバージョンアップの影響も受けます。
  2. 多くのサードパーティ製コントロールは、販売・サポートを打ち切り、後継の.NET製品に切り替わっています。
  3. IDE環境は最新OSでは正式サポートされていません。
  4. 仮想化して使用することにも、限界があります。
  5. 多くのカスタムコントロール(OCX)は、移行/仮想化時に 動作を保証していません。
  6. 保守できる人材が減少しつつあります。

VB 6.0マイグレーションとは

 VB6.0のアプリケーションを現行の機能をそのままで最新のVB.NET(もしくは、C#.NET)等のアプリケーションに移行・変換を行うことを指します。




弊社のVB 6.0マイグレーションサービス

弊社では、VB6.0で開発したアプリケーションの、VB.NETアプリケーションへの移行サービスを提供いたします。

  1. 現行資産を調査し、お客様のご要望に合わせた、マイグレーションを行うことが可能です。
  2. 「機能追加」や「仕様変更」といった新規機能要件にも柔軟に対応します。
  3. VB.NETへの移行だけではなくC#への移行も承ります。
  4. Web、データベース、ネットワーク、サーバー、組込みなどを組み合わせた各種サービスへの移行も提供しております。

VB 6.0マイグレーションの手順

4つのステップで実施します。




VB 6.0マイグレーションのメリット・デメリット

メリット・デメリットは次のとおりです。



VB 6.0VBのマイグレーションプロセス例

移行作業内容の例を以下に示します。



VB 6.0VBマイグレーションによって期待できるその他の成果

マイグレーションによって利用環境の制限がなくなる以外に、下記のような課題を解決することができます。

課題

  • 多言語化対応の必要性が増してきた。
  • WindowsVista以降のOSにて、VB6.0 Runtimeが正常動作しない問題が発生した。
  • VB6.0を保守できる人材がいなくなりつつある。
  • 全てを新規開発し直す場合、多額のコストと開発期間が掛かる。

成果

  • .NET Frameworkに変更したことで、多言語化対応および、現在使用しているOSでの動作が保証されるようになった。
  • .NET言語が分かる人材が多いため、保守出来る人材が増えた。
  • 旧システムの機能を引き継いだため、新規開発を行うよりコストと開発期間が1/4前後に圧縮できた。


お問い合わせ

ご質問、説明などのご依頼、VB6.0で開発されたプログラムを今後も使用するための維持、メンテナンスでお困りでしたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。